読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

#まるまるのとげとげ

☆は はてなでもらえるけれど もう少し探そうよ

日本は「私はあなたの敵じゃない」を示さないと生き残れない国なのかもしれない

もやもや

日本の女性は幼稚さを装う


 自己防衛の1つとして、日本の女性が必要以上にかわいこぶる、実年齢より幼稚に振舞うという趣旨のつぶやきが、ツイッターで共感を呼んでいる。

 素でいると、しゃべり方が可愛くない、生意気だと思われる。そういった、「ぶりっ子しなかった場合に受ける被害」を想定することで、女性はぶりっ子になっていくというのだ。周囲の男性に対し、全身で「自分はあなたの敵じゃない」と表現する必要があるという。

メディアによる啓蒙

 確かに、日本のテレビやファッション雑誌を見れば、確かに幼い感じというのがウケるんだろうな、と思う。

 それが世をスムーズに渡っていく一番簡単な方法だと、教えられ、教え込むシステムになってるのだろう。

男の嫉妬って面倒くさいね

 そう考えると、女性が男性を凌駕することを男性はどんだけ恐れてるんだという話になる。女性が馬鹿な方が都合がいいわけだから。

 でも男社会がそんなに余裕がないなら、中にいる男性たちはもっと大変なんじゃないのか?!上司の立場を危うくしない者だけが部下として可愛がってもらえないんじゃないの?(いやきっとそれだけじゃないんだろうけど)

 そういえば、どこでもここでも「成長できる職場です!」「成長したいです!」って言ってるもんね。これから成長出来るってことはまだ成長してないってことだもんね!そのくせ即戦力じゃないと困るって無茶〜。

男女間や世代間で「敵じゃない」を示す方法ってないのかな

 女でも男でもそうだけど、「私はあなたの敵じゃない」ということを示すのに、《幼さ以外の方法》があればいいのになぁと思う。きっとあるはずだと思うんだけど。

 でもそれが知りたいなら、誰も教えてなんかくれないから、自分で見つけなければならないのだろう。遠回りをしなきゃいけないのかもしれない。

 自分を馬鹿に見せることと、謙虚でいることは違うんだぞー!

自分を「敵じゃないアピール」から解き放つ勇気も必要

 ぶりっ子でも何でも良いんだけど、そういうのって精神の消耗が激しいし、長くは続かない。
 いや、一生続けられれば、それはぶりっ子じゃなくて本物になるんだろうけど。

 敵じゃない、逆らわないを示すことを強いられ、やってられなくなる前に、どこかで「私は私」を貫く部分が必要になってくる。
 それは生きてく上でもそうだし自分を守る為にも。従順そうにしてると、いつまでも我慢してなきゃいけなくなるから。



 うまい具合に鈍感で、都合よく気がきく生き方は出来ないものかなぁ。

 そしたらずっと、生きやすくなるのになぁ。



Ray(レイ) 2015年 04 月号 [雑誌]

Ray(レイ) 2015年 04 月号 [雑誌]

Popteen(ポップティーン) 2015年 04 月号 [雑誌]

Popteen(ポップティーン) 2015年 04 月号 [雑誌]

 今月は℃-ute鈴木愛理がRayに、元モーニング娘。高橋愛がmerに、モーニング娘。'15の工藤遥popteenに載ってるという噂を聞きつけて、どれか買いたいものだと迷ってる。

 この三人の魅力は、元々美人揃いのところにライブパフォーマンスのカッコ良さが積み上がってるところにあるんだけど、やっぱり雑誌を読んだら素直に「可愛い~」って言っちゃうんだろうな、私は。

広告を非表示にする